なぜ看護師が人材不足なのか

看護師といえば、毎年人気職業ランキングの上位に入り、看護師を目指す人の数も多いです。しかし医療の現場では、看護師の人材不足に陥っています。看護師になる人の数が減っているわけでもないのに、人材不足になるということは、看護師の免許を持っていながら、看護の職を離れる人が多いからです。

看護師になるには努力と覚悟が必要です。看護を学ぶ上でそれもしっかり学んでから看護師になります。しかし現実はその覚悟を上回る過酷さで、体力的にも精神的にも耐えきれず、離職に追い込まれるという状況らしいのです。特に、新卒者の場合は、初めて就職した病院がきちんとした新人研修をおこなっている病院ならば、それほど離職率も高くはないのですが、そういった研修制度が整っていない病院では離職率が高い様です。それ以外の離職原因は、看護師一人一人にかかる負担の多さなどです。人手不足で看護師一人に圧し掛かる仕事が多すぎて、それが原因で看護師を辞めてしまう…まさに負のスパイラルです。

看護師不足が起こることで個々の患者に行き届いた看護ができなくなり、一人一人の患者に向き合うことができなくなります。看護師の中には、そういった状況でも、仕事にやりがいや希望を見出し、患者に向き合おうと頑張っている看護師もいます。そういう看護師が一人でも増えてくれることを願うと同時に、この看護師の人手不足をどうにか解消できるように、医療現場のあり方や、看護師に対する労働条件の改善を見直す必要があります。

これから看護師を目指す場合、過酷さと現実を気にするあまり勉強が苦しくなることがあります。しかし、なぜ看護師になりたいか?この気持ちさえしっかり持っていれば、生涯にわたり看護を続けることができるものです。わたしはそれを実践し、いろんなことがありましたが続けられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です